見た目年齢アップの原因・ほうれい線!メカニズムとは?

たるみケア化粧品

シミ、シワ、くすみなど、加齢と共に目立ってくる

様々なエイジングトラブル

 

中でも最も見た目年齢をアップさせるのが
ほうれい線です。

 

小鼻の横から口角のラインに現れるほうれい線は、
30代中ごろから目立ち始める方が多いです。

 

ほうれい線は一度できてしまうと改善が難しく、シミやくすみ
のように化粧でカバーしにくいという特徴があります。

 

その為、改善をあきらめて放置してしまう方が多いようです。

 

ほうれい線ができる前に、またできてしまったほうれい線を
少しでも改善できるように、まずはほうれい線ができる
メカニズムを理解し、改善できるよう対策を取りましょう。

 

 

「頬・口元のたるみ」

 

肌のハリや弾力はコラーゲンエラスチンにより保たれています
が、加齢と共に生成量は減少し、徐々に肌からハリや
弾力が失われ、シワができやすくなります。

 

中でも頬は脂肪が厚くて垂れ下がりやすく、頬が
たるむことでほうれい線ができる原因となります。

 

また肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンは、
加齢が原因で減少するほかに、紫外線ダメージによっても
減少するので、若いうちからのケアが重要となります。

 

 

「肌の乾燥」

 

肌が乾燥すると潤いやハリ、弾力が失われ、紫外線ダメージの
影響を受けやすく、シワができやすい状態となります。

 

また放置するとシワが段々と深くなっていきます。

 

ほうれい線もシワが原因の一つとされているので、乾燥対策
をすることでほうれい線を防ぐ効果も期待できます。

 

また加齢によって現れるほうれい線を防ぐことは難しいですが、
肌に潤いがある状態と乾燥した状態でのほうれい線では見た目
年齢にも違いが出るので、しっかり乾燥対策を行いましょう。

 

 

「表情筋の筋力低下」

 

ほうれい線の原因は、頬のたるみや乾燥以外に
顔の筋力の衰えがあげられます。

 

頬にある表情筋やフェイスラインの筋力が低下する
ことで頬の厚い肉を支えきれず、口周りの皮膚が
垂れてしまい、ほうれい線ができてしまいます。

 

 

「血流・リンパの停滞」

 

ほうれい線とは全く関係ないように思える肩凝りも
実は原因の一つと言われています。

 

肩凝りは血流やリンパの流れが停滞している状態で、
肩の血流・リンパが滞ると顔や頭の血流・リンパも
停滞し、顔がむくみやすくなります。

 

顔がむくむことで、よいほうれい線が目立ってしまいます。

 

 

「その他の要因」

 

ほうれい線の原因は、たるみ・表情筋の衰え・乾燥など
加齢による要因が大きいとされますが、まれに
10〜20代の若い方でもできることがあります。

 

この場合に考えられる原因として、歯並び・骨格・表情の癖
といった生まれ持った体や生活習慣があげられます。

 

また急激な体重増加やダイエットによる体重減少によって、
頬に無駄な肉が付いたり、しぼんだりすることでシワができ
やすく、ほうれい線も目立ちやすくなるとされています。