専用ケアアイテムでほうれい線改善!おススメは?

たるみケア化粧品

シミ対策や乾燥対策など、肌トラブル専用のケア商品がある中、

ほうれい線にも効果的な専用のたるみケア化粧品があります。

 

ここでは普段のスキンケアで取り入れると効果的なケア
化粧品をご紹介するので、参考にしてみてください。

 

 

ほうれい線改善効果のある化粧品は?

 

様々なエイジングケア化粧品の中で、ほうれい線の
改善に効果的なものをご紹介します。

 

パック、オールインワンゲル、美容液、保湿クリーム
マッサージクリーム、ローション

 

パックや美容液は単体でも使えるものがあるので、
今お使いの化粧品と一緒に使うと良いでしょう。

 

またオールインワンタイプのゲル、ローション、クリームなどは
1本で化粧水・美容液・乳液・クリームなどの役割を果たし、
コスパに優れたものも多いのでおススメです。

 

さらに同ラインの化粧品を揃えて使用することも、
効果アップが期待できます。

 

 

構成分と効き目とは?

 

エラスチン

 

肌のハリと弾力に大きく関係するエラスチンは、20代
後半になると体内での生成が減少し始め、積極的な
補給が望ましいとされている成分です。

 

また紫外線ダメージにより減少が促進されるので、
日焼け止めなどによる紫外線対策が重要とされています。

 

 

コラーゲン

 

エラスチン同様、肌のハリや弾力を保つために
欠かせないコラーゲンは、食物やサプリで補っても
肌にとって効果的な作用を働くとは限りません。

 

また化粧水やローションなどコラーゲンを含む化粧品をただ
使用するだけではコラーゲンの有効作用は期待できません。

 

コラーゲンは、ビタミンC誘導体やレチノールなど
コラーゲンをサポートする働きを持つ成分と共に
摂取することで、初めて効力が発揮されます。

 

またコラーゲンに比べより効き目を発揮する「生コラーゲン」が
美容業界でも注目され、「生コラーゲン」が含まれている
化粧品も徐々に増えつつあります。

 

 

グロースファクター

 

グロースファクターとは皮膚細胞の成長を促して衰えた皮膚の
再生を行うなど、肌の再生能力に優れた成分です。

 

その再生能力は皮膚移植など医療の分野でも注目
されており、シワ改善に高い効き目を発揮します。

 

美容化粧品においては、EGF、FGF、IGFと表記されます。

 

 

セラミド

 

セラミドの保水力は、保湿効果が高いとされるヒアルロン酸より
も優れており、保水力に加え潤い持続効果も優れています。

 

ほうれい線の改善や予防には乾燥を防ぐことが
重要であり、保湿ケアがポイントとなります。

 

肌の内側から潤し、乾燥を防ぐことで肌にハリと
弾力を与え、シワができにくい状態を保ちます。

 

 

その他の有効成分について

 

メビヴェール・・・肌にハリを与える人工皮膜成分
ナールスゲン・・・エラスチンやコラーゲンの生成を促進
αリポエッグ,GRAエッグ・・・皮膚科学に基づき開発された最新成分

 

このような化粧品メーカーが独自に開発した、たるみ改善効果が
期待できる成分配合のケア商品もおススメです。

 

さらに「蜂蜜の子エキス」や、ヘビ毒を素に生成した注目成分
シンエイク」など、様々な成分を使用した商品があるので、
肌と相性のよい商品をぜひ探してみて下さい。

 

 

効き目を実感しやすい使用方法

 

保湿効果を謳った化粧水やローション、オールインワンタイプを
使用する場合は、贅沢にたっぷり使用しましょう。

 

使用する際も肌の深層までしっかり届くように
いつもより多めに重ね付けをして保水します。

 

美容液やオイルタイプの場合、気になるシワやほうれい線
部分を中心に、指の腹で優しく塗り込んでください。

 

どのタイプでも使用する際は、顔の中心から外側へと伸ばす
ようにマッサージするイメージで塗ると、シワ部分にきちんと
成分が浸透してより効果的です。

 

 

アイテムの選び方

 

ほうれい線やシワの改善にエイジングケア商品を使用する場合、
長い期間をかけないと効果を実感できない場合が多く、できる
だけ早く自分の肌質にあったケア商品と出会うことが重要です。

 

コスパに優れた商品、有効成分の含有量が多い商品、価格の高い
商品など、様々なセールスポイントを持つ商品がありますが、
全てが自分の肌に効果を発揮するわけではありません。

 

まずは口コミなどを参考に、自分の肌質と同じような人が
効果を実感している商品を試してみましょう。

 

トライアルセットのある商品や、返金保障サービス
付きの商品などもおススメです。